【Ultrahard】布製ペンケース 小説家・幸田露伴

台湾の文具メーカーUltrahard社の、日本の小説家やその作品をモチーフにしたペンケース・シリーズです。

 幸田露伴、永井荷風、太宰治、田山花袋・・・

文学好きな方にはお馴染みの名前ですが、日本人の私たちにとっても「かなり通好み」のセレクト。
それを台湾の文具メーカーが手掛けるとはちょっと驚きですね。

そのなかから「小説家・幸田露伴」と銘打った一品をご紹介します。

鮮やかな紅桔梗色の布地と巻き紐、数種の和柄をパッチワーク状に配した帯・・・ペンケースというよりも、筆袋と呼ぶのがふさわしい、純和風の仕上がりです。

内側は、定規やペンを差しこむホルダー、やや幅広のポケットなどが絶妙の間隔で配置され、筆記に必要な文具がすっきり収まります。

愛用のペン数本を差して、くるくる巻いて、紐懸けて、旅行鞄にしのばせる・・・ちょっと小粋な旅仕度になりますね。

商品名に「幸田露伴」とありますが、本体にそれを具体的に指し示すものがあるわけではありませんので、あらかじめご了承ください。

和風の素材、風格ある大人のデザイン、機能性に富んだ仕上がり具合が、往時の文豪の為人を偲ばせる・・・といった意味合いでのネーミングです。

幸田露伴についても一言。

明治の文学史を繙くと、理想主義や偽古典主義という言葉とセットで語られる作家ですね。

作品の多くは文語体で書かれ、難解な漢語や言い回しの連なる字面を見ただけで敬遠したくなりますが、実は近代怪談文芸の先駆けでもあるといいます。

この手の小説がお好きな方は、そんな興味から代表作の「風流仏」や哀切極まる幻想譚「対髑髏」などを読まれるととっつきやすいかも、です。

ともあれこの筆袋ですが・・・

ひとつ鄙びた温泉宿にでも足を運んで、いにしえの文豪の気分に浸りながら、読書三昧、書きもの三昧の長逗留でも・・・とぜいたくな夢がかなうならば、懐中に忍ばせたくなる、おすすめの逸品です。

■メーカー:Ultrahard Co.,LTD/台湾
■素材:綿
■本体サイズ:225×100×10mm(折り畳み時)
■重量:90g
■生産国:台湾
定価 3,456円(本体3,200円、税256円)
販売価格 3,456円(本体3,200円、税256円)
購入数


Top