【Ultrahard】ブックカバー(菊判サイズ) 作家の名言〜フリードリヒ・ニーチェ

台湾の文具メーカーUltrahard社の、欧米の著名作家の名言・格言をモチーフにしたブックカバー・シリーズ

この商品では実存主義を担った哲学者のひとり、ドイツのフリードリヒ・ニーチェをフィーチャーしています。

え、小説家じゃないの?

と思われるかも知れませんが、その思想・哲学が後世の学芸分野に及ぼした影響力は、フロイトの精神分析やアインシュタインの相対性理論とならぶものがあります。

「神は死んだ」、ニヒリズム、ルサンチマン、善悪の彼岸、超人思想、永劫回帰・・・彼が操る言葉の数々は、それら自体が文学的喚起力となって、多くの文学者や著述家を触発してきた、と考えれば納得いただけるでしょう。

さて商品紹介ですが

菊判(縦220mm×横150mm)、厚さ35mm程度までの書籍にジャスト・フィットするサイズ。
もちろんハードカバー、ソフトカバーいずれにも対応します。

菊判よりやや小さめのA5判(縦210mm×横148mm)の場合は、若干のゆるゆる感はありますが使用は可能です。

※通常、小説などの単行本は四六判(縦195mm×横135mm)で製本される場合が多いのですが、菊判は写真、図版、挿絵などが多用される、学術書や児童書などでよく用いられる判型です。

素材は厚手の綿生地、表地と裏地を縫い合わせた丈夫なつくりで、ホコリ・ヨゴレ・イタミなどのダメージから大切な書物を護ります。

革製のしおり紐と、袖の内側に用箋などを挟めるポケットが付いていて、忙しい合間の拾い読みや、ヒントのメモ書きなどにも便利な工夫が施されています。

その表紙にはFriedrich Nietzsche(1844〜1900)の次のような文言が・・・

We love life, not because we are used to living but because we are used to loving. 

「生きるに慣れるからではなく、愛するに慣れるからこそ、人は人生を慈しむ。」といった意味でしょうか。

ニーチェの思想の行きつく先は、つまるところ「生を肯定する」ことです。そんなニーチェの真髄を、この言葉はうまく言い表していますね。

【仕様】
■メーカー:Ultrahard Co.,LTD/台湾
■素材:綿
■本体サイズ:223×165×8mm(折り畳み時)
■適応サイズ:菊判(高さ220mm、幅150mm、厚さ35mmまでの単行本)
■付属物:しおり紐、閉じバンド
■重量:135g
定価 3,672円(本体3,400円、税272円)
販売価格 3,672円(本体3,400円、税272円)
購入数


Top